COOL JAPAN FOREST KADOKAWA

ところざわ サクラタウン

 

 ニュース

 COOL JAPAN FOREST 構想とは

「COOL JAPAN FOREST構想」は、所沢市の旧所沢浄化センター跡地(所在地:東所沢和田3丁目31番地の3及び11、面積:37,382.42平方メートル)に、株式会社KADOKAWA(以下KADOKAWA)の新しい製造・物流拠点とともに、図書館・美術館・博物館を融合した日本初の施設を建設し、クールジャパンの総本山とも言える文化コンプレックスと街づくりの実現を目指すものです。なお、企画準備会社としての「(株)ところざわサクラタウン」を、KADOKAWAが100%出資して2015年7月1日に設立いたしました。
所沢市及びKADOKAWAでは、「COOL JAPAN FOREST構想」の実現に向けた検討・協議の枠組みとして、推進会議「TEAM START」(S:サクラ、T:タウン、ART:アート)を発足いたしました。TEAM STARTでは、所沢市とKADOKAWAが中心となり検討を進めますが、検討の具体化に際してはアドバイザリーボードや所沢市民の皆様と協働して、魅力的な地域のあり方を検討する機会を設けてまいります。


パンフレットはこちらからご覧ください

構想の内容はこちらからご覧ください


メインイメージ
ところざわサクラタウンパース図(2018年1月現在)